不動産売却を青葉区で行う時の流れを分かりやすく紹介

不動産売却を青葉区で行いたいので、不動産会社に依頼したいという方のために流れを紹介いたします。

どんな流れで不動産売却できるのか、知りたい方は参考にしてください。

■相談から不動産会社との契約まで■

まずは不動産会社へ相談し、売却したい不動産の査定を受けてください。

査定は無料という不動産会社がよく見られます。

無料査定後は売り出し価格や税金などのアドバイスが受けられます。

アドバイスを受けた後は、その不動産会社と契約を結ぶかどうか決定してください。

契約後は不動産会社が販売活動を行い、買主を探します。

ホームページでの物件紹介や新聞のチラシなど販売活動はさまざまです。

■不動産売買契約から引き渡しまで■

買主が見つかったら引き渡し条件などを交渉し、不動産売買契約を結びます。

不動産売買契約を結んだら、物件の引き渡しの準備をはじめてください。

引っ越し手続きや抵当権の抹消など、分からないことは不動産会社へ相談しましょう。

物件の引き渡しは買主から残代金を受け取りした後となります。

残代金を受け取りしだい、鍵を渡すなどで物件の引き渡しを行ってください。

不動産会社への相談・査定からすべての流れが完了するまで、3か月から半年の期間が目安です。

優れた販売活動を行う不動産会社に依頼すると、買主が見つかるまでの期間が比較的短くなります。

そのため、不動産売却を青葉区で早めに完了させたい方は、不動産会社の選び方が重要です。

■急ぎのときは不動産会社に買取してもらう■

急ぎの方は仲介ではなく、不動産会社に買取してもらうという選択肢もあります。

不動産会社による買取なら、買主を見つけるまでの期間を省けます。

ほかにも、仲介手数料がかからないといったメリットのある選択肢です。

ただし、仲介より買取のほうが売却価格が下がる恐れがあります。