青葉区の不動産売却するときは仲介と買取がある

不動産業者に依頼し、青葉区の不動産売却するには仲介と買取と大まかに分けて2つの形があります。

仲介と買取、それぞれの特徴について解説していきます。

■仲介にはどんな特徴があるのか■

仲介は不動産業者が購入希望者と売却希望者を仲介する形です。

不動産業者が査定を行い、売り出し価格を決めます。

その売り出し価格で広告を出して購入希望者を見つけます。

仲介のほうが買取よりも高い価格で売却できる事が多いです。

ただし、購入希望者を見つけるまでに時間が掛かります。

不動産業者への仲介手数料も負担しないといけません。

広告を出す関係上、周辺の人に知られずに売却したいと思っても難しい事があります。

傷みの進んでいる物件の場合は、リフォームしないと購入希望者がなかなか見つからない恐れにも注意が必要です。

■買取にはどんな特徴があるのか■

一方、不動産業者が購入希望者となるのが買取という形です。

購入希望者が不動産業者のため、査定に納得できればすぐに売却出来ます。

広告を出す必要がないため、周辺の人に知られたくないときにもピッタリです。

ほかにも買取には仲介手数料が必要ない、リフォームもしなくて済むなどのメリットがあります。

ただし、仲介よりも買取のほうが低めの価格になりやすいです。

不動産業者にもよりますが、仲介より2割ほど安くなる恐れがあります。

不動産売却した資金が必要なのは1年先という場合は、まずは仲介で依頼します。

1年近く経っても購入希望者が見つからないときは、不動産業者に買取して貰うといった形がお得です。

しかし、資金力のない不動産業者だと買取出来ない事があります。