青葉区の不動産売却するときの査定方法は2種類

青葉区の不動産売却する際に必要なのが、物件の査定です。

物件の査定方法には2種類ありますので、次に紹介していきます。

■データをもとに算出する机上査定■

データをもとに不動産を査定するのが、机上査定です。

机上査定では、物件を直接見ることなく査定しています。

参考にするデータの種類は、周辺の取引事例や不動産市場などです。

周辺の取引事例が多いほど、机上査定を行いやすくなります。

逆に周辺の取引事例が少ないときは、机上査定を行いにくいです。

机上査定を依頼するときには物件の種別や所在地、建物の面積や間取り、土地の形状や面積などの情報が必要となります。

査定員が訪問してこないため、気軽に依頼できるのが机上査定の大きなメリットです。

今すぐ不動産売却するつもりはないけど、ある程度の価格を知りたいときは机上査定を選んでみてください。

ただし、物件を直接見ていない分だけ査定の精度が低まりやすいというデメリットがあります。

■直接物件を見て算出する訪問査定■

机上査定に対し、直接物件を見て査定するのが訪問査定です。

建物の状態や日当たり、道路状況や周辺環境などさまざまな項目を確認しています。

訪問査定を依頼するときには売買契約書や重要事項説明書、建築関係書類などの書類が必要です。

訪問査定では直接物件を見ないと分からない部分まで確認するため、机上査定より精度が高まりやすいのが大きなメリットです。

より詳細な価格を知りたい、直接アドバイスを受けたいときは訪問査定を選んでみてください。

ただし、査定員が訪問してくる関係上、日時の調整が必要というデメリットがあります。

☆おすすめリンク≫(https://zuuonline.com/archives/203526