レンタルサーバーを比較して学べるブログのmainイメージ

レンタルサーバーの種類

インターネットの普及に比例して、ウェブサイトで集客を行なったり、ビジネスを運営したりする人も増えてきています。

それに伴い、レンタルサーバーを活用する人も多く見られるようになりました。

サーバーがなければ、ホームページを公開することができないので、自社サーバーのようにサーバー本体を購入するか、レンタルサーバーを利用するかのどちらかを選ばなければなりません。

24時間365日監視が必要となったり、定期的なメンテナンスを必要とする自社サーバーは、維持費用がかなりかかることから、一般的には、レンタルサーバーを利用している場合がほとんどのようです。

レンタルサーバーといっても、種類がいくつかあり、自由度の高さ、容量、そしてレンタル料などを比較するとともに、利用者のサーバーを管理する知識も考慮し、もっとも適しているものを選ぶといいでしょう。

通常は、複数のユーザーが1台のサーバーをシェアするタイプの共有型と、ユーザー1人が1台のサーバーを利用できる専用型あり、専用型には、さらに管理を自分で行なうタイプ(セルフマネージド型)と、レンタルサーバーに行なってもらうタイプ(マネージド型)があります。

一ヶ月の利用料金を比較してみると、共有型のものが最も安くなっており、月300円から3500円程度、続いてセルフマネージド型の月6000円から80000円、最も費用が高いのが、マネージド型で月20000円から200000円となっています。

全てを調べるのは大変かもしれませんが、非常に参考になる比較サイトもあるのでそういったサイトも上手に活用して選びましょう。

※おすすめ:http://レンタルサーバー比較まとめ.com/

Google
www を検索 レンタルサーバーを比較して学べるブログを検索